head_img

ご予約・お問合せはこちらまで。
※前日までにご予約ください。
湊川本院 TEL. 078-511-4280
営業時間 月~金 AM8:30 ~ PM19:00
板宿分院 TEL. 078-734-5009
営業時間 土曜日 AM8:30 ~ PM19:00

HOME > よくあるご質問ページ

よくあるご質問

お灸は熱いですか? お灸をして痕が残りませんか?

当院のお灸は、隔物灸の一種で、皮膚の上に直接灸を据えるのではなく、ペースト状の「墨」を介在させて据えます。子どもでもお灸をしながら寝てしまうことがあるくらい気持ちのよいものです。ただ、特に症状や体の場所によっては、敢えて「我慢できるのギリギリの熱さ」をめざす場合があります。また、当墨灸は、皮膚の上に米粒かそれ以下の大きさのもぐさを立てて施灸する一般的な灸療法に比べて、燃焼時間が長く、熱刺激の余韻が火の消えた後もしばらく続くので(それがとても気持ちがよいものなのですが)、総刺激量は大きいです。したがいまして、「無痕灸」とは言え、まれに水泡ができることがあり、水泡が割れた痕は少しずつ消退しますが、わずかに痕が残ってしまう場合があります。まれなことではあるのですがご了承ください。どうしても痕がついて欲しくない方は、 墨の厚さやもぐさの量を加減して調節しますのでお申し出ください。

鍼灸に副作用はありますか?

治療後一時的に、体がだるく感じたり、眠たくなったりすることがあります。これは瞑眩(めんげん)と呼ばれ、体が好転する前に起きる一過性の症状と考えられています。数日以内に消失しますので心配はありませんが、ひどい場合や心配な方は、院にご相談ください。

鍼は痛いですか? 衛生面についてはどうですか?

当院では、灸治療を主体に行っておりますが、症状に応じて鍼治療も併用しています。
 当院で一般に使用する鍼の太さは、0.16mm~0.20mmです。これは、病院などで採血の際に使用する鍼の太さ(0.70mm~0.90mm)に比べると、むしろ、髪の毛の太さ(~0.10mm)に近い程度のごく細いものです。また、鍼を皮膚に刺す際の痛みを少なくする「鍼管」という筒状の器具を使用します。これに鍼を通してトントンと軽く鍼頭をたたくと、ほとんど痛みを感じることなく鍼を刺入することができます。ただ、鍼がどうしても怖いという方には鍼を強制はいたしませんのでご安心ください。
 使用するのは滅菌処理済のディスポーザブル(使い捨て)の鍼です。鍼治療の前後には治療部位にエタノールで消毒をします。

鍼灸治療を受けるにあたっての注意点はありますか?

【治療前】飲酒・食事の直後や空腹がひどい時は、治療を控えてください。
【治療後】治療後1~2時間は、入浴を控えてください。
(治療効果を下げてしまう可能性があります)。
また、治療後一時的にだるくなったり、眠たくなったりすることがあります。

何回位の治療で治りますか? 
定期的な治療が必要な場合、どれ位のペースで治療を受けたらいいですか?

一般的には、発病して日の浅い病ほど早く治ります。一回の治療で激しい症状がピタリと軽減することもしばしばありますが、慢性症状になりますと気長に続けなければならないようです。しかし、じっくり治療していくことで、体質改善など、より根本的な健康改善につながることもあります。治療ペースにつきましては、特に決まりはございませんが、急性期には2~3回/週程度、慢性期には1回/週、隔週、1回/月など、体の調子やご都合に合わせて治療にお越しください。

どうして患部から離れた場所にある経穴(ツボ)に治療をして効果があるのですか?

東洋医学の重要な概念の一つに「氣血」があります。「氣」とは生命活動を営むためのエネルギーと解釈されています。「氣血」の流れる通路のことを経絡(けいらく)といい、全身に12本あります。全身をめぐる経絡を12本の「鉄道」と考えるとわかりやすいでしょう。経絡上の要所にある経穴(ツボ)が「駅」で、特に重要な経穴(ツボ)は「主要駅」のようなものです。この体表上の経穴(ツボ)に適度な刺激を加えることで、経絡という鉄道をめぐって、ふつうでは届かない深部にある臓腑にまで氣血を運び、治癒の方向へ向かわすことができるのです。また、逆に変調を来たした臓腑の影響は、経絡を通じて体表面の経穴(ツボ)に現れるので、病の発見につながり、またそこが治療ポイントにもなります。
 たとえば、「足の三里」に鍼灸刺激を加えると胃の働きが活発になります。これは、「足の三里」という経穴(ツボ)がある「足の陽明胃経」という経絡が、顔面部から足の第2趾外側までの走行の途中で胃を経由しているからです。

保険治療を受けることはできますか?

一般的には、鍼灸治療には健康保険が適用されません。全額自費治療です。※ただし、医師の同意書または、診断書があれば下記の疾患に対しての治療は健康保険が適用されます。(1)神経痛、(2)リウマチ、(3)腰痛症、(4)五十肩、(5)頸腕症候群、(6)頚椎捻挫後遺症、(7)その他(慢性的な痛みのある疾患で保険者が認めたもの)
まず、お問い合わせ下さい。当院へ「同意書」を受け取りに来て頂き、「同意書」を、日頃治療を受けておられる医院、病院等に持参されて必要事項を記入して戴いてください。なお、「同意書」の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され鍼灸の治療が適当であると判断できる「診断書」でも結構です。記入済みの「同意書」、保険証と印鑑を当院に持参して頂ければその後の手続きは、こちらで行います。 ※鍼灸の保険適用につきましては、次の事項にご留意下さい。 ・保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療は受けられます。・「同意書」を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生が良いと思います。・最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、6ヶ月毎に再度、同意が必要です。再同意の際も「同意書」に記入してもらう必要があります(再同意の「同意書」の用紙も当院でお渡しします。・保険種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので、まずはお問い合わせ下さい。なお、同意書の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され鍼灸の治療が適当であると判断できる診断書でも結構です。※公益社団法人 日本鍼灸師会のホームページより http://www.harikyu.or.jp/general/insurance.html

神戸市内に居住する70歳以上の方は、「はり・きゅう・マッサージ施術割引券」の交付を受けることができます(1回の施術につき1,000円を割り引く割引券を年間3枚)。申込み方法や使い方などの詳細は、お住まいの区役所か、神戸市ホームページでご確認ください。


 

お電話でのお問い合わせ

施術内容・施術料など、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問合せ
icon 湊川本院(月~金)
078-511-4280 
icon 板宿分院(土曜日)
078-734-5009

メールでのお問い合わせ

infoアットークkagaminobo.jp
※迷惑メール対策に@を アットマーク としています。@に直して送信下さい。
件名に「質問」と入れてください。
なるべく早くお返事するようにいたしますが、丸1日経っても返事が来ない場合は、恐れ入りますが、再度、お電話にてご連絡ください。
※このメールはお問合せ専用です。メールでのご予約はできません。ご予約はお電話でお願いします。


 

最新情報&更新情報

ページトップに戻る